クマに襲われて死亡のニュースが世間を騒がす中
日本に普段居て朗らかな動物で有りながら人を殺す動物が有ります
日本の危険獣の三本柱は・クマ・サル・イノシシ
1.サルサルというと日本のおとぎ話、平成狸合戦ポンぽこなど朗らかで優しいイメージがあるサルです。しかし、サルは一番怖い動物です
握力:平均体重10kgに対して30kg噛む力:200kg
2.イノシシ猪突猛進など験担ぎで有名な動物。
脚力:平均時速43km人間に換算しますとロンドンオリンピックマラソン金メダリストの速度が約15km人間が走って逃げようとしても無駄ですね

因みにタヌキは基本的に人を襲うことはありません
里山にタヌキが居て大丈夫